読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを時間制限で書く

ブログを時間制限で書こうと思う

 

ちょっと何を言っているのかわからないと思うので、説明する。

 

ブログを書きたいと思っている。僕は。

 

でも、「ブログをさあ書くぞお」と思うと、全然いい感じにブログを書くことができない。

 

「じゃあブログなんて書かなきゃいいのでは?」と思う時もなくはないけど、ブログを書いたほうがいいような気がしている。

 

なんで、ブログを書いたほうがいいと思うかと言うと、自分のことを知ってもらうきっかけになるからである。

 

そもそも、僕は、自分がやっていることを人に喋るのが好きなんだけど、その時に、自分の説明は語弊があるような気がするなあと思っている。

 

自分の説明は語弊があると知っていても、他の人に喋るのは好きなので、喋っていこうと思っている。ただし、自分が言ったことで誤解が生まれてしまうのはすごく嫌だなあと思う。

 

だから、可能な限り、ブログなんかで、情報をアウトプットして、いきたいと思う。

 

誤解が生まれるのが嫌だと思う、と言うことと、ブログで情報をアウトプットすると言うのがどう繋がるかを説明する。

 

ブログで情報をアウトプットすると、少なくとも僕に対して興味がある人は見にこれるように思う。

 

僕は、今のところ、それでいいような気がしている。誤解が生まれたとしても、僕としては、最大限誤解を解くためにできることをやる。

 

誤解が生まれてもいいやとは思わないし、でも誤解が生まれてしまうことを100%避けることは難しいのではないかと思っている。

 

じゃあどうするかと言うと、誤解が生まれてしまった際に、それが誤解であることにどうやって気づくか、どうやって誤解を解いていくか、と言うほうが大切なんじゃないかと思う。

 

とはいえ、誤解を解きたいと思っていない人もいると思うし、僕について詳しく知りたくもないと思っている人はたくさんいるはず。だって、そんなにみんながみんな、他の人に興味があるわけではないと思うから。

 

そう考えると、ブログっていうのはちょうどよい。

 

だって、ブログは見たい人だけが見にくることができるから。

 

自分のことを知りたい人が僕のブログに来て、なんであんなことを言っていたんだろう?というのを知るために利用してくれたらすごくありがたい気がする。

 

ふむ。

 

とりあえず、ブログを書くという意味はわかった。

 

で、最初に言った「ブログタイムアタックをしようと思う」というのはどういう意味か。

 

それは、時間制限をかけて、ブログを書くという話です。

 

なんで、時間制限をかけて、ブログを書こうと思うか。

 

僕は、前述の理由から、少しでもブログを書いていきたいと思っているんだけど、1人でブログについて書いていこうとすると、何を書いていいのかわからないなと思うことがある。

 

ブログというのは一般的に、誰かが興味のあることを書いたほうがいいような気がしていて、それを書くためにどうするか、という話を考えてしまう。

 

また、ブログとして書くのに、文章全体を推敲したほうが読む方からすると、読みやすいし理解もしやすいというのはわかっている。だから、推敲したいなという気持ちが動いてしまう。

 

でも、他の人が興味のあることを調査したり、考えてしていると、ブログの更新が滞ってしまうし、他の人が興味のあることがわかったタイミングと、ブログを更新する時間が取れるタイミングは違うかもしれない。

 

それに、文章を推敲しようとすると、僕は、なかなか文字を書く手が進まなくなってしまう。

 

最初は、たくさんの情報をとりあえず出しておいて、興味のある人が知ることできるようにするというのが目的だったはずなのに、推敲しようとしたが故に、文章をアウトプットできなくなってしまうと、それはそれで、いろんな問題が起きるというか、勿体無い話だと思っている。

 

だから、何か言いたいことがあった場合、それについて、ブログをダーーーッと書いてしまうのがいいんじゃないかなと思っている。

 

今このブログも同じように思ったことをダーっと書いている。頭に浮かんだことをそのまま文章化している。

 

頭に浮かんだことをそのまま文章化するのはいいんだけど、頭に思い浮かんでくる文章というのは際限なくある。だから、それをどこらへんで切り上げるのかというのは、個人的にどうしたらいい話なんだろうと思っている。

 

こういうブログの文章を書く僕にもそれを書く時間があるので、時間で区切ったほうがいいんじゃないかなと思う。

 

だから、今、このブログは、書くために使う時間を15分という風に定めて作成している。

 

今、目の前にはタイマーがセットされていて、15分の時を刻んでいる。

 

だから、おそらくこの記事を読む人は、15分くらいの時間がかかるんじゃないかなあと思う。

 

いや、人が書いた文章を読む時って、もっと素早く見れると思うから、もうちょっと時間が短いかもしれない。

  

まあでも、ブログを時間制限で書くというのは、なんかいいアイディアなんじゃなかろうかと思っている今日のこの頃です。

 

さて、そろそろ時間です。ここまでお読みいただきありがとうございました。